「つぶしが利くもの」を買うことで、絶対に失敗しない不動産投資が出来る【不動産投資#6】

こんばんは、NAGIMARUです。

今日は不動産投資のメリットの最終回です。

不動産には『投資に失敗しても別の目的で利用出来る』という大きなメリットがあります。

いわゆる『つぶしが効く』という奴ですね。

株やFX、仮想通貨やせどりなど、

お金を「権利」や「物」に変える投資の多くは「当て」が外れた時に

その権利や物を他の用途に利用することができず、

単純に資産が減って終わりということが多いのですが、

不動産の場合は当てが外れても購入した物件が自分にとってもメリットがあるものを買っていれば

別の用途で利用することが出来ちゃいます。

私は不動産を買う時に「利回り」や「イールドギャップ」よりも

「自分自身が欲しいと感じるか?」というのを評価軸に置いています。

例えば、地元の物件で、ここなら自宅にしても良いなあと思える戸建てがあったとした場合、

最悪上手くそこが貸せず、投資という観点では失敗の結果に終わった場合でも、

自宅をこの金額で買ったんだと考えれば失敗してないのと同じことになります。

失敗したらここに住もうかなー。くらいのライトなノリで始めちゃうのが一番低リスクです。

上手く行ったらまた同じ感覚で次を買って行ったら良いと思いますし、

ダメだったら自分で住んだり、親兄弟に住まわせてあげることもできます。

もしくはそこを更地にして自分の子供が家を建てるために使わせてあげるのも良いでしょう。

自己使用以外でも、平坦な土地であれば建物を解体して駐車場として使う(貸す)ことも可能です。

倉庫を置いたり、畑として使って農作物を作っても良いです。

レンタル畑なんてのも流行っていますよね。

最近は情勢が厳しいですが、地方では土地に太陽光発電パネルを敷き詰めるような投資もよく見かけます。

このように、株やFXと違い、土地というのは工夫の仕方次第で色々な使い方ができます。

こんな使い方もできるなーと考えるのは投資をする上でも非常に重要な見方ですから、

物件を見る際の癖にすると良いと思います。

最終的には投資額以上に自分の生活を豊かにすれば良いわけですから、

極端なことを言えば野菜が沢山取れて豊かになればそれだって一つの成功と言えます。

そういう観点で物件を見ているので、私は利回りが良くても遠方の物件は買いません。

神奈川に住んでいて福岡のワンルームを買ったところで、家族が住むことも有効利用することもしにくいからです。

シンプルに「もの」として見たときに「いらない」から買いません。

(注:福岡は大好きです)

これは不動産投資の大きなメリットであると思うのですが、

投資(利益を得る)という目線では邪道なので意外とこのことに触れている書籍はありません。

しかし私は、このようなリスク回避ができることこそが不動産投資のおおきなメリットであると考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です