仕事の邪魔にならない「手離れの良さ」は不動産投資の魅力!【不動産投資#4】

こんばんは。NAGIMARUです。

前回に引き続き、不動産投資のメリットを他の角度からご紹介していきたいと思います。

株やFX投資と異なる『不動産投資のメリット』として、一度購入して入居させてしまえば継続的に利益を生み出してくれる『手離れの良さ』が挙げられます。

株やFXで大儲け、仮想通貨で『億り人』  

ブログをご覧頂いている方は、こんなニュースを聞いて嫉妬した経験が一度や二度では無いと思います。かく言う自分も、最初はそんなニュースや知人の話を聞いて株やFX・仮想通貨などに一通りに手を出しました。

しかしどの投資も、パソコンでチャカチャカっとやって利益数百万円…という訳にはいきませんでした。

むしろ、私が買うと下がり、売ると上がる。

面白いように逆に向かうグラフを見ながら、『人生甘くないなぁー』と思い知らされました。

まず、この手の投資(投機)はハイリスク・ハイリターンがベースの為、とにかく四六時中気になります。

「どこかの会社が潰れた」「アメリカの株価がどうなった」「大手企業の社員が不正をした」といった事から「どこにあるかもピンとこないような国で地震が起きた」というような、おおよそ日常生活に関係の無いであろう事においてまで影響を受けて価値が変動しますので仕事中も気になって仕方ありません。

特に、損が出ている時が顕著でした。

本業の事務作業中に気になりまくって集中できなくなった挙句、総額2~300万円の損を出して、私は株・FX・仮想通貨から手を引きました。

私が最初に読んだ【まずはアパート一棟買いなさい】の著者の石原博光さんも石油に投資して痛い目を見た…と似たような事を書いていましたので、不動産投資家には投機は不向きだと感じて参入した人が意外と多いのかもしれません。

株やFXに対して、不動産投資は「手離れがいい」と表現されますが、

一度入居が決まってしまえば特にする事がなく、非常に気楽です。

厳密には物件を購入したり、一生懸命募集したりするのに色々と労力はかかるのですが、

入居させてからは不労所得と言っても差し支えありません。

ある意味では買った段階で「大コケしない」という事が確定出来るのが大きな魅力だと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です